日本酒造組合中央会概要


公募情報

「日本の酒情報館」館長の業務委託者の募集

平成31年1月11日
日本酒造組合中央会


日本酒造組合中央会では、日本の酒情報館-JSS Information Center-における館長業務委託者を以下のとおり広く募集します。
なお、この事業は平成31年度予算での執行となるため、平成31年度予算の成立を前提としています。

1. 公募に付する事項
(1) 件名
平成31年度に日本の酒情報館-JSS Information Center-に係る館長の業務委託
(2) 目的
日本酒造組合中央会では、日本の國酒(日本酒、本格焼酎・泡盛、みりん2種)の振興のため、国内外の消費者に広く情報発信する広報拠点として日本の酒情報館-JSS Information Center-を設置しており、その事業を的確かつ効果的に実施するため、館長業務を受託できる者を募集する。
2. 委託内容等
(1) 募集人員:1名
(2) 委託期間:平成31年度予算成立日から2020年3月31日
(3) 所在地:港区西新橋1-6-15 日本酒造虎ノ門ビル1F
(日本酒造組合中央会の事務所ビル)
日本酒造組合中央会(2階)事務所を日本酒造組合中央会の業務日程・時間の範囲内において、利用できるものとする。
(4) 開館時間:原則として、毎週月曜日から金曜日までの5日間
10時00分〜18時00分
(5) 休館日:原則として、土曜日・日曜日、国民の祝日、年末年始
(6) 委託費:館長55万円以上/月(経験や能力によります)
3. 主な業務内容
(1) 日本の酒情報館の広報業務企画・運営及び施設・設備の適切な維持管理
(2) 日本の酒情報館で広報する情報等の更新、刷新
(3) 日本酒造組合中央会のウェブサイトの管理
(4) 日本酒造組合中央会が一般消費者向けに行うセミナー・イベントへの協力
(5) 日本の酒情報館の概要は、下記の『日本の酒情報館の概要』をご覧ください。
(6) 日本酒造協同組合連合会が行う展示販売業務への連携・協力
4. 応募資格
(1) 業務遂行レベルの英語によるコミュニケーション力があること
(2) ワード、エクセル、パワーポイント及びメール等の操作が支障なくできること
(3) 申請書、会計・報告書など事業実施に係る各種文書の作成能力があること
(4) 日本の酒情報館-JSS Information Center-に通勤が可能であること
(5) 酒類に関する知識と実務(広報、営業など)の経験を有する者であることが望ましい
(6) 会社等からの出向でも可
5. 応募方法
次の応募書類を同封して「日本酒造組合中央会 総務部(情報館委託担当者)」宛送付してください。
(1) 応募書類
自薦書
「日本の酒情報館」館長としての業務を遂行することができる旨の自薦書を、A4タテ、ワードにより3ページ以内(和文)で作成してください。
履歴書
市販の様式を使用し、必ず写真を添付してください。
職務経歴書
書式は自由です。
語学証明書
語学の資格を有する場合は、それを証明することができるものの写し。
(2) 提出期限
平成31年2月12日(火)10時必着で郵送または持参してください。
(3) その他
※提出された応募書類に記載されている情報は、本件採用に関する審査以外の目的には使用しません。
※提出された応募書類は、返却いたしません。
6. 選考方法
(1) 第1次審査
提出された応募書類に基づいて、第1次選考を行います。
(2) 第2次審査
第1次選考合格者を対象に面接による第2次選考を行います。第2次選考の日時は、後日通知します。
(3) その他
※選考結果についてのお問い合わせには応じかねますのでご了承ください。
※第2次審査(面接)に係る旅費の支給はありません。
7. 書類送付先・問い合わせ先
日本酒造組合中央会 総務部 館長委託担当者
〒105-0003
東京都港区西新橋1-6-15
TEL:03-3501-0101




日本の酒情報館の概要

平成31年1月11日


1. 名称
「日本の酒情報館一JSS Information Center-」
英文名称:「Japan Sake&Shochu Information Center」
2. 設置の目的
日本の國酒(日本酒、本格焼酎・泡盛、みりん2種)の振興のため、国内外の消費者に広く情報発信する広報拠点として設置する。
3.営業時間
月曜日から金曜日の午前10時から午後6時まで
4.主な業務内容
(1) 國酒に関する正しい知識の普及
酒造り及び酒類等に関する展示 ・米、麹、芋、麦など原材料
・半切り桶、櫂棒等の道具類
・動画映像
・各地の特徴的な酒器
・その他(写真、チャート等)
パンフレット等の配備及び提供
ミニセミナー等による啓蒙
有料試飲
来館者またはメール、電話、FAX等による質問への回答
(2) 中央会及び各県組合・組合員の活動のウェブサイト、SNS等による情報発信
商品情報
イベント情報
(3) 協同組合の行う商品の展示販売へのアドバイス及び協力
各地域の國酒の試飲・販売
酒類関係の酒器、書籍、DVD等の展示・販売
(4) その他、施設の有効活用
業界関係有志の試飲会等にスペースを賃貸
(5) 情報館の広報
情報館自体の周知
イベントや展示などの営業活動の広報
5.展示設備
(1) 受付、来館者対応用カウンター
(2) 大型ディスプレイ及びタブレット情報端末の設置
DVD、WEB講座、酒造り唄等の放映・視聴及び酒蔵情報の検索
(3) 酒類、酒造に関するパネル等の展示
(4) 製造工程の道具類の展示
(5) 原料、麹、酵母・麹菌(顕微鏡画像等)の展示
(6) 各種パンフレット、チラシ等の展示・提供
(7) 酒類関係雑誌、専門誌、業界紙の閲覧(最新情報)
(8) Wi-Fiの利用環境の整備
(9) 酒林の設置
6.試飲設備
(1) 試飲酒提供の水洗設備
(2) 試飲酒・保存用冷蔵庫
(3) 酒類関係グッズの展示ケース
7.イベントスペース
(1) 國酒ミニセミナー
(2) 県組合、組合員他による試飲・セミナー等のイベント
(3) 記念撮影コーナー
来場者が記念撮影するためのスペース及び背景の設置
8.今後の事業展開
(1) インバウンド旅行者への対応強化
展示品説明の多言語化
来館者ニーズに応える情報強化
ツーリストインフォメーション、コンシェルジュデスク等との連携による来館者誘導
酒蔵を核とした地域ツーリズムの推進
(2) 在日外国人向けの定期的なイベントの開催
(3) 国内消費者向けの定期的なイベントの開催
(4) 営業時間は当面平日10:00〜18:00とするが、周辺の再開発事業の進展や来場者の要望を踏まえて、時間帯の変更・土曜日営業についても検討する。