全国きき酒選手権大会ガイド

全国きき酒選手権大会とは?

「全国きき酒選手権大会」は、日本酒文化の普及・振興を目的に1981年にスタートし、今年で37回目を迎える歴史ある大会です。アマチュアを対象に、各県予選を突破した代表者が、日本酒に関する筆記試験と、7種類の日本酒について味や香りを確かめながら判別する“きき酒”を実施し、きき酒日本一を競います。

2013年に開催された第33回大会からは、日本酒好き大学生が1組2名の大学対抗で特別枠として参加し、さらなる熱戦を繰り広げています。

きき酒選手権の様子

過去の大会レポート

過去の大会成績

団体の部
優勝
個人の部
優勝
大学対抗の部
優勝
第37回平成29年高知県熊本県 羽矢 治郎東京大学
第36回平成28年高知県東京都 早川 サトル東京農業大学
第35回平成27年千葉県秋田県 工藤 功一成城大学
第34回平成26年滋賀県宮城県 本郷 憲吉明治大学
第33回平成25年長野県長野県 由井 志織東京農業大学
第32回平成24年群馬県秋田県 谷口 秀明---
第31回平成23年群馬県大阪府 西村 百代---
第30回平成22年長野県長野県 中西 康裕---
第29回平成21年高知県兵庫県 瀧村 健治---
第28回平成20年山口県千葉県 青木 三枝子---
第27回平成19年島根県福島県 菅野 寛子---
第26回平成18年島根県静岡県 松永 安代---
第25回平成17年佐賀県三重県 川口 雅生---
第24回平成16年鳥取県岩手県 三浦 達也---
第23回平成15年鳥取県鳥取県 福本 功---
第22回平成14年静岡県静岡県 竹田 京子---
第21回平成13年滋賀県埼玉県 荻野 和秀---
第20回平成12年宮城県東京都 川口 史恭---
第19回平成11年大阪府大阪府 鈴木 利正---
第18回平成10年宮城県埼玉県 桑島 裕---
第17回平成9年茨城県茨城県 古賀 聡---
第16回平成8年岩手県岩手県 上野 律子---
第15回平成7年愛知県岩手県 堺 伸也---
第14回平成6年大阪府大阪府 井上 稔---
第13回平成5年東京都宮城県 目黒 敬章---
第12回平成4年岩手県長野県 金子 淳子---
第11回平成3年茨城県静岡県 内藤 啓司---
第10回平成2年山口県長野県 浅井 利一---
第9回平成元年新潟県東京都 佐藤 文雄---
第8回昭和63年埼玉県大分県 河内 邦英---
第7回昭和62年佐賀県佐賀県 松永 博子---
第6回昭和61年青森県埼玉県 楠田 卓也---
第5回昭和60年埼玉県熊本県 荒木 佳津子---
第4回昭和59年鳥取県北海道 加藤 利一---
第3回昭和58年秋田県山口県 吉本 明美---
第2回昭和57年奈良県山形県 井上 隆史---
第1回昭和56年千葉県鳥取県 岡本 常雄---

団体の部 優勝回数

3回
鳥取県、高知県
2回
岩手県、宮城県、茨城県、群馬県、埼玉県、千葉県、長野県、滋賀県、大阪府、島根県、山口県、佐賀県

個人の部 優勝回数

4回
長野県
3回
岩手県、埼玉県、東京都、静岡県、大阪府
2回
宮城県、秋田県、鳥取県、熊本県
筆記試験の様子
酒器に酒をとる
酒をきく参加者