日本酒スタイリスト
こばたてるみterumi kobata

平成25年に「日本酒スタイリスト」に認証されたこばたさんは、公認スポーツ栄養士としてトップアスリートの栄養サポートを行う一方、日本酒を使った料理レシピや各地の食材を活用した商品開発でも活躍中です。
ご自身も日本酒や美味しいものを味わうため、テニス、ゴルフ、マラソンなど、「食とスポーツ」を楽しみながら実践されています。

こばたてるみイメージ こばたてるみterumi kobata
公認スポーツ栄養士、管理栄養士、健康運動指導士、(株)しょくスポーツ 代表
日本初の公認スポーツ栄養士として、清水エスパルスやなでしこジャパンの選手、競泳オリンピックメダリストなど数多くの栄養サポートを手がけ、選手や監督から信頼を得ている。「おはよう日本」など各メディアで活躍する一方、受験食や脱かくれ老化レシピ、日本酒を使った料理レシピ、各地の食材を活用した商品開発も行う。日本酒や美味しいものを味わうため、テニス、ゴルフ、マラソンを実践中。「スポーツ栄養士のキッチンから」「日本酒は最高の調味料!ひと振り酒おいしさ倍増レシピ」「食べるスープ」「マラソン勝負メシ」など著書多数。茨城大学非常勤講師、NPO法人日本スポーツ栄養学会理事
ホームページ「しょくスポーツ」http://www.shoku-sports.jp/

日本酒との出会い

日本酒で晩酌する父、お料理にたっぷりの日本酒を使う母、神棚にお供えするお神酒、縁起の良い日には樽酒を用意するような家庭で育ったので、日本酒は幼い頃から非常に身近な存在でした。自身も和食と日本酒、家庭料理と日本酒の組合せで楽しんでいましたが、洋食や中華、スイーツとも相性が良いことに気付いてからは幅広いシーンで味わっています。

日本酒の魅力

日本酒の魅力は、飲んでおいしいのはもちろんのこと、お料理に活用するとその料理の美味しさを格段にアップしてくれる点です。また、和食や洋食、中華、スイーツなど、どんな料理にも合わせることができる上、お燗や冷酒など幅広い温度でおいしく飲むことができるのも魅力です。

「日本酒スタイリスト」としての抱負

日本の伝統的な食文化「和食」と共に培われてきた「日本酒」。日本各地の風土や気候をうまく取り入れながら造られてきた日本酒は、まさにわが国の「国酒」といえます。伝統的でありながら進化している日本酒の魅力を多くの方に発信していきたいと思います。特に「百薬の長」といわれる上手な飲み方や、食材をやわらかくしたり、味付けをまろやかにするなど、日本酒の調味料としての活用術もお伝えしていきたいと思います。