日本酒スタイリスト
島田 律子ritsuko shimada

平成13年に「日本酒スタイリスト」に認証された島田さんは、知る人ぞ知るエッセイスト、タレントとして大活躍されています。お父さんの晩酌に付き合ったのを契機に、日本酒の魅力にとりつかれ、きき酒師の資格まで取った日本酒ファンでもあります。
いつも元気よくはつらつとされていますが、その反面繊細な心を持つ島田さんは美容に敏感です。日本酒は楽しく飲めるだけでなく美容にも効果があるところにも魅力を感じられていて、日本酒を粋に、オシャレに楽しめる女性を目指しています。

島田 律子イメージ 島田 律子ritsuko shimada
タレント・エッセイスト。1968年、千葉県生まれ。高校時代に一年間オーストラリアに留学。
帰国後、国際線スチュワーデスとして5年半勤務。
1994年4月からテレビ番組のレギュラー主演をきっかけに、タレント活動をスタート。
テレビ、ラジオ、女性誌で活躍する傍ら、健康、食、酒、映画、恋愛に至るまで幅広く雑誌や WEBにてエッセイを連載中。
2004年5月に結婚。主な著書に、『35歳は、結婚適齢期』(アスコム)、女性向け日本酒入門本『日本酒美人』(ぴあ)、『私はもう逃げない-自閉症の弟から教えられたこと』(講談社文庫)など。
オフィシャルブログhttp://ameblo.jp/ritsuko-shimada/

日本酒の魅力

日本酒の魅力を挙げると、枚挙にいとまがありません。まず、日本酒はどんな食事にも合うこと。そして、お燗でも常温でも冷やしても楽しめること。そんな、いろいろな顔を持ち合わせているお酒は、世界中探しても、日本酒だけでしょう。
それと、私は女ですから、日本酒は美容に効くというのも魅力です。日本酒を飲んでいる方は、昔から肌がきれいですね。

日本酒との出会い

冬に父の晩酌につきあったのが縁で、日本酒を好きになりました。
お燗の酒をゆっくり飲むと、食事も美味しく、会話も楽しくなります。そんなことから「きき酒師」の資格を取り、日本酒の知識が増えると、一層日本酒が好きになりました。

「日本酒スタイリスト」としての抱負

美味しいお酒に美味しい料理、楽しい仲間と楽しい会話。それは私の人生を豊かにしてくれました。
私は、特に女性に、こんなにも素晴らしい日本酒を、もっともっと楽しんでいただきたいと思います。日本酒を粋に、オシャレに楽しめる女性、それが私の目指す「いい女道」です。皆さんも是非、いい女道を、私と一緒に極めていきましょう。